ほくろを改善したいなら注目【治療方法の特徴を徹底解説】

ほくろを改善したいなら注目【治療方法の特徴を徹底解説】

選ぶ際の基準とは

医者

患部の状態で決めよう

目立つ所や、よく引っかかる所にできてしまったほくろは気になりますよね。特に顔にできてしまった場合、悩まれている方は多いのではないでしょうか。ですが、もうあれこれ悩む必要はありません。今の医療の技術では、ほくろはきれいに取ることができるのです。では、どのような方法があるのでしょうか。まず、そのほくろが良性なのか悪性なのかを見極める必要があります。メラノーマという場合もありますので、注意が必要です。自分では判断しにくいので、病院を受診されることをおすすめします。どちらか判断がつきにくい場合は、皮膚科か形成外科を受診し、切除したものを病理にまわして検査をしてもらうことになります。そこで良性と診断されれば、美容整形外科などでも取ることができます。では、良性で除去できる場合、ほくろを切除するには、どのような治療があり、どのような基準で選べばよいのでしょうか。ほくろを取る方法としては、次の3つが主に行われています。レーザーによる治療、患部を切除し縫合する方法、患部を丸くくり抜く方法です。まず、レーザーによる治療から見ていきましょう。こちらは美容整形外科などで多く行われていて、自由診療となる場合が多くなっています。美容整形外科などで使われているレーザーは、炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザー、ロングパルスレーザーの3種類となります。どれも削らないタイプのレーザーのため、痛みや出血がなく、傷跡が残りにくいことが人気となっています。ですが、レーザー治療は1回で終わりというわけではなく、数回照射する必要があります。炭酸ガスレーザーは、5ミリから1センチ以下で盛り上がりのあるものに有効とされています。炭酸ガスレーザーはほくろをどうやって除去するのかというと、レーザーがほくろの皮膚内の水分とが反応を起こし、その蒸散作用によって患部の組織を除去できるという仕組みになっています。Qスイッチレーザーは、2ミリ以下で平らなものに適しています。こちらのレーザーはメラニン色素に反応して細胞を破壊し、色素をだんだん薄くしていくという作用があります。Qスイッチレーザーよりも広範囲を照射することができます。ロングパルスレーザーは、肝斑の治療にも使われているレーザーです。こちらは5ミリ以下で盛り上がりのあるタイプのものにも有効です。こちらもQスイッチレーザーと同様にメラニン色素に反応し、色素をだんだんと薄くしていく作用があります。次に、メスを使った治療方法を見ていきましょう。まずは患部をくり抜く方法です。こちらは6ミリ以内のほくろに有効で、患部をえぐれるような器具を使い丸く切除していきます。もう一つの切除して縫合するタイプは、皮膚科や形成外科などでよく行われている治療方法です。こちらは患部を少し大きめに切り取り、そして縫合していきます。また、切除だけで縫わない場合もあります。このようにほくろの治療方法はたくさんあります。まずは自分の患部の状態をよく知ることが大切です。そして、自分に合った治療方法を見つけましょう。ほくろがきれいにとれれば、心も体もぱっと明るくなれそうですね。

違いを理解しよう

カウンセリング

ほくろを治療していきたいということであれば、様々なことをきちんと理解しておくということが大事です。現在では、安い美容外科なども増えているということから比較してみてお得なクリニックを見つけていくことが大切なポイントになっています。

事前に治療方法をチェック

女性

ほくろの種類は、大きく分けて3つあります。それぞれが皮膚のどれくらいの深さに出来ているものなのか、また形や大きさはどの程度かによってさらに種類は増えます。ほくろ除去の方法にはいくつか種類があります。自分に見合った治療を探すことが大切です。

プロの技術は違いました

顔を触る人

治療行為をするには患部周辺に存在する干渉物の分析も綿密に行う必要があります。ほくろは皮膚は勿論毛髪まで干渉している事が多いので、医師に相談して一番綺麗な肌を手に入れられる治療法を模索していく必要があります。