ほくろを改善したいなら注目【治療方法の特徴を徹底解説】

  1. ホーム
  2. 違いを理解しよう

違いを理解しよう

カウンセリング

保険適用で安くなる

ほくろを治療するということであれば、大切なポイントに皮膚科で治療するか、それとも美容外科で治療するのかということで費用は大きく変化していきます。この違いは、保険適用なのかそれとも保険を使わないのかという違いです。皮膚科の場合では、保険適用でほくろを治療することも出来ます。ただ、全てのほくろには適用することが出来ないという部分が最大のデメリットです。美容外科は、保険を使えない代わりにどんなほくろでも治療してもらうことが出来ます。しかも、皮膚科よりもきれいに治療してくれるという評判もあります。費用の総額から比較すれば、皮膚科と美容外科の場合では美容外科を利用すると皮膚科で治療した時の倍くらいの費用がかかるとされています。相場としては、小さなほくろの切除だと皮膚科でも美容外科でも5千円くらいです。ほくろの大きさと比例して費用も高額なものとなっていきます。美容外科の場合はもきれいに取るということも考慮しているので、その分が高額になるという考え方も出来ます。もっとも大きいのは、やはり保険が使えるか使えないかということです。保険が使えるということであれば、皮膚科を利用する方が費用という部分を基準として考えていくのであれば、お得ということが分かります。どんな治療方法を選択するのかということも大切なポイントです。基本的には、保険を適用した場合には決められた方法でしか、治療をすることは出来ないとされています。しかし、保険を使わなければ一般的な電気を使ったレーザー以外にも、Qスイッチレーザーなどの方法も利用することが出来ます。どんな方法で治療をしていくのかは、費用相場などをよく調べて選択するということがとても大事です。ほくろは大きさや形状などによっても、費用が変化していくということがあります。実際に、利用する前に様々なことを医師に確認してみるということが求められていきます。納得してから、実際に除去を進めていくということがとても大事です。現在では、様々な選択肢があります。切除していく方法も様々な技術などから選択することでもっとも適切な処置をしていくことも可能です。ただ、最近では美容外科でも安く施術してくれるところも増えています。そのため、皮膚科の方が必ずしも安いとは限らないので注意が必要です。きちんとカウンセリングを受けて適切な価格になっているのかを確かめてから利用するということがとても大事です。多くの人に利用されているサービスということであれば、口コミなどで具体的な情報を確認してから利用することも可能です。メールなどで相談出来るということなども大切なポイントとなっています。親身に相談に乗ってくれるということは、サービスを利用する上では重要な判断基準となっています。予約をしやすいということや、利便性が高いということはとても大切なポイントです。無料カウンセリングサービスを展開しているクリニックを利用してみるという方法などもあります。クリニックの違いを正しく知るということが求められていきます。正確な認識をしておくことで、メリットを大きなものにしていくことが出来ます。