プロの技術は違いました|ほくろを改善したいなら注目【治療方法の特徴を徹底解説】

ほくろを改善したいなら注目【治療方法の特徴を徹底解説】

  1. ホーム
  2. プロの技術は違いました

プロの技術は違いました

顔を触る人

検査のケアの重要性

一回で色素と皮膚の盛り上がり全てを除去するわけではなく、段階を踏んで取り除いていく方法がほくろ治療の主流です。また治療の前にほくろの大きさや深度を含めた計測を行い、具体的な施術を決定してく点も特徴の一つです。検査には専門機関にある顕微鏡で行われ、皮膚の病理検査もあるので自分では気づけない病気に気づけるメリットがあります。中でもクラーク型と呼ばれているタイプは他の病気に似ているケースもあるため、医師診察を受けるべきです。カウンセリングで最終確認が終わったら最初にほくろの大きさに関わらず、表面を専用の器具で削っていきほくろの痕が残らない状態にします。この作業は数回に分けて行う事が多く、これによってほくろの再発を防げるので医師の治療方針に従いましょう。表面を削ったら次にほくろの色素を段階的にレーザーで破壊していき、完璧に治療できるまで一か月毎に繰り返し行われます。使用されているレーザーはほくろの大きさによって違い、アフターケアにもレーザーが使用されそのたびに費用が掛かる仕組みになっています。ほくろの大きさによっても費用が大きく変わっていくので、事前のカウンセリングで費用の見積もりをしておくと治療計画を把握しやすいのでお勧めです。レーザーの中では炭酸ガスレーザーが人気で、美容整形外科で安価に受けられるため医師に相談する事を強くお勧めします。ただしレーザー治療ができないと医師が判断した場合は、切除手術の治療法が採用される事になります。あまりにもほくろが大きい時には切除後に植皮を行うケースもあり、術痕を綺麗に接合するので本来の綺麗な肌にできます。植皮に使用する皮膚は土踏まずの物が使用されるので、自分の肌として自然な仕上がりになるのも特徴として挙げられます。頭皮にほくろが存在する場合は毛髪を残したまま治療する事もできるため、場所や大きさで治療を諦めかけている人は医師に相談してみましょう。様々な方法で施術はできますが、美容志向の多くの方にはくり抜き法という方法が認知されています。この方法は医師の診断で皮膚が化膿した事がな無いという条件で手術痕の残らない肌を手に入れられます。条件付きではありますが1cm程の患部が5mm程の傷跡になるため、若い女性の方を中心に人気の方法として知られています。若年層の方は特にスピッツ型の発症が確認されているので、医師の診断にもよりますがくり抜き法が最適な方法として用いられています。くり抜き法ができないと診断された場合は、電気メスを使った方法でも治療痕を残さない肌にする事ができます。術後1か月から2か月の間医師の指導の下消毒する必要がありますが、徐々にかさぶたができ綺麗な肌になっていくので医師の指示に従いましょう。また電気メスを使用するメリットに術後するに洗顔や入浴が可能な点が挙げられ、医師の診断が必要ですがメイクも術後すぐにできます。施術が終わったら多くの場合専用のテープを1週間の間張り付けて患部の様子を見ていきます。この段階が済んだら皮膚を接合した方は抜糸も行っていくので、必ず再度医師の診察を受けるようにしてください。